「転職成功ナビ」の面接のページです。

転職活動に伴う面接について

履歴書や職務経歴書を作成し、いよいよ希望する転職先での面接を受けることになった場合、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。もちろん、履歴書や職務経歴書を作成する際に、丁寧に正確に行ったように、面接についても、質問されることに対して、丁寧に正確に答える必要があります。また、面接時に着用するスーツについて、いわゆるリクルートスーツが好まれるでしょう。色は派手なものを避け、紺色が無難なところでしょう。女性の場合、派手な化粧は相手に悪印象を与えますから、ナチュラルメークで面接に臨みましょう。男性の場合、清潔な髪形が好印象を与えるでしょう。つまり、長髪や不潔なヘアスタイルはマイナスイメージを与えます。これは、女性についても同様のことが言えるのですが、自然であっても清潔感あふれるヘアスタイルや装いが圧倒的に好印象を与えるということなのです。第一印象は、非常に大切ですから、こちらも時間を掛けて落ち度のないように心がけなければなりません。実際に面接を受ける場合、特に気をつけなければならないのは、言葉遣いでしょう。言葉遣いひとつで、その人の人格も図れるほどなのです。例えば、ため口ばかりで受け答えをしていると、その人がいかに教養のない人なのかが一目瞭然です。面接の場では、常に丁寧語・謙譲語・尊敬語を使わなくてはなりません。ましてや転職活動となると、ある程度社会経験を積んでいるわけですから、こうした言葉がきちんと使いこなせなくてはなりません。そして、日ごろからこうした言葉を使い慣れておく必要もあるでしょう。そうすれば、いざというときでも、難なく社会人として常識ある言葉遣いができるのです。

ホテルのことならホテルで働こう!

Copyright(C) 転職成功ナビ All Rights Reserved.